物の定位置を決めて場を整えてみる

『片づけってものをあるべき場所へ戻すという事だけど、物のあるべき位置が決められていると、収まるところにキチンと物が収まるので場が整うし、エネルギーの乱れも起こりにくいんだ。

物の定位置を決めるというのは意味があるんだよ。

収まりが悪いとなんか心地よくなくて、っていうのはどんなものでもあると思うけど、結構物の定位置ってそういう意味ではキチンと決められた場所がそれぞれにあるだけで整うんだよ。

場所が決まっている、何よりも使う人が定位置を決められるというのは整えようという心の余裕を感じられるし、物の扱いって他人の扱いと同じで、物を雑に扱う人ってやっぱり他人に対してもそういうところがあったりする。

すべての人がそのように当てはまるとかすべての事がそうとは限らないけど、物の扱い方と他人に対する接し方は似てるところがあったりするからよく観察してみるといいよ。

ものを手放す時期についても、必要かそうでないかを決められなかったものが、あるとき決断するともういいや、ってポイッと捨てる時期が来るときもあるよね。

だけど他人が「これはもう要らないでしょう?」って言うような物でも、自分がこだわりがあると絶対に捨てないんだよね。

でもそれでいいと思うんだよ。それが『自分の意思』なんだから。

片付けようと思うなら、場を整える気持ちでやってみるのも良いかな。

その場のエネルギーを整える気持ちでね。』

元記事 『あるべきものはあるべき場所へ』

Follow me!

大天使ラファエルオリジナルCGグッズ販売中☆

癒しの大天使ラファエルオリジナルCGグッズをBOOTHで販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です