癒しの大天使ラファエルのメッセージと姿

懐かしい光の世界

 
この記事を書いている人 - WRITER -
leafangel
ビジョンで視た大天使ラファエルをCGで作っています。 彼のメッセージと、直接の癒しの体験を元に、記事を書いています。 不思議な体験や、ポジティブエネルギーを作り出すためのヒントなどをお伝えしていきます。 大天使ラファエルの癒しによって健康になった、現在50代の女性です。

本来の自分が存在している(していた)世界。
産まれる前の事なので、覚えていないだけで、本当は懐かしく思う、光の世界。

人間は、産まれる前に契約によって必ず守護霊が付きます。
その守護霊さんは、地上とは違う世界に存在していらっしゃるので、普段は直接守っている人間と話すことは出来ませんし、直接姿を視ることもほとんど出来ません。

ですから、守護霊さん達は守る人に自分の意思を伝えるために、偶然の一致や直感という形をその人のために引き寄せるのです。

でも、受け取る人間の方がそれに気がついてくれるとは限りません。

それでも守護霊さん達は、一生懸命守る人のために、なんとかして言葉をかけようと必死になってくださっています。

なにしろ、地上には波動を下げてしまうような事がたくさん日常に転がっていますから、本来の波動の高い光の世界に戻ろうと思ったら、自分の波動を高く保つようにしないといけないわけです。

本来の自分がいくら波動の高い光の世界に居る存在でも、肉体を持って地上へ産まれるのは自分の一部のエネルギーなので、肉体を持った自分の波動を高く保つことで本来の自分らしさが引き出されるのですね。

本来の自分を忘れた波動の低い状態での行動に気をつける必要があります。
特に大天使達が最近話しておられるのは、SNSなどで自分に関係ない事で腹を立ててしまうことです。

暴言には、暴言では返さないこと。言葉を選ぶ必要があることは、ずいぶん何度もおっしゃいます。

とはいえ、腹を立てることそのものはいけないことではないので、それをどうやって解消するか、を考える必要がありますね。

或いは、最初から腹を立てそうな事に関わらないか。

どうしてもそれでも気になる場合、ひょっとしたら気になる原因が、自分の過去のトラウマに隠されているのかもしれませんね。

いずれにせよ、どんな時にも必ず守護霊さん達はどうすれば一番ベストか、常にヒントを与えてくださっているのですが、困ったことに波動の低い行動をしているときには、彼らのメッセージはなかなか受け取りにくいのです。

そうなると、守護霊さん達はもう祈るような気持ちで待つしかありません。

なにしろ、余計な低いエネルギーに巻き込まれると、なかなかまっすぐ本来の自分の存在する世界へ戻って行かないものですから、守護霊さん達も必死です。

大天使ラファエルからメッセージ
『何よりも、自分は自分、周りは周りと区別することと、他人の事にあまり首を突っ込まない事だね。

他人の事に口を出すと、その事で関係ないのに悩んだり、腹を立てて暴言を吐く事になったりするよね。

分かるかな?関係ない人の事で、自分の波動を下げてしまうんだ。

せっかく本来波動の高い人でも、他人の揉め事に巻き込まれたりすると、一気にエネルギーを奪われたりするし、守護霊と言っても、本来は地上に居るわけでは無いんだから、なかなか話すことも出来ないし、見守るしか出来ないことがあるのも事実なんだ。

だからこそ、常に波動を高く保って守護霊からのメッセージを受け取りやすくして欲しいし、そのためには波動を高く保つようにしていてほしいと思う。』
ということでした。

たくさんの人が守護霊さんからのメッセージを受け取れたらいいな、と思うのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

癒しの大天使ラファエルのCGグッズ販売中!

 

癒しの大天使ラファエルのCGを使って、BOOTHからグッズを販売中です。

グッズはアクリルブロック、パスケース、CGアート、缶バッジなど、現在3種類のデザインは今後も増やしていく予定です。

他では手に入れる事の出来ない、大天使ラファエルの笑顔と一緒に毎日過ごせますよ。

 

大天使ラファエルのグッズ購入はこちらをクリック!

この記事を書いている人 - WRITER -
leafangel
ビジョンで視た大天使ラファエルをCGで作っています。 彼のメッセージと、直接の癒しの体験を元に、記事を書いています。 不思議な体験や、ポジティブエネルギーを作り出すためのヒントなどをお伝えしていきます。 大天使ラファエルの癒しによって健康になった、現在50代の女性です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 大天使ラファエルと共に , 2020 All Rights Reserved.