寝ている時に夢の続きを見たことはありますか?

不思議な夢

寝ている時に見る夢…色んな夢を見たり見ない日もあったりします。

単に覚えていないだけなのでしょうね。

いつも現実では考えられない事が夢の中では当たり前のように違和感なく起こっていても、何も不思議には思いません。

夢に出てくる風景も、現実の風景があちこち組み合わさっていたりすることがよくあるそうですね。

それでも中には「?」と思うような不思議な夢を見る事もあります。

私が見た夢の中で不思議なものは、夢の内容というかシチュエーションそのものは違ったりしても、出てくる街の風景が繋がりがある時がありました。

夢を見ている最中には分からないのですが、起きてから夢を思い出してみたときに「あっ!」と気がつくのです。

「この前見た夢と同じ町の風景の夢だ。」

もちろん知らない街の風景ですよ。

以前見た夢の風景と同じ場所を違う日に見た夢の中でまた見て、以前見た夢とは違うところへ歩いて行ったりします。

夢の中の街の地図が出来るんじゃないかと思った時期がありました。

残念ながら地図は作っていなかったのですけど、作っていれば面白かったかなぁと今になって思います。

連続した繋がりのある夢

そしてタイトルにも書いた通り、私は違う日に「夢の続き」を何日にも渡って見たことがあります。

その日見た夢を違う日に同じ夢を見たことがある、という話はどこかで聞いたことがありますが、私が見た夢は…もう20年ほど前の話ですが…こんな夢を見ました。

数字はそれぞれ別の日に見た夢、という意味です。

1
迷路のような街の中をぐるぐるあちこち歩いている夢で、ただひたすら歩いて「どこを探しているのか分からない出口を探すような感覚」の夢。
(このタイプの夢はある時期何回も見ました。)
しかもその街並みはいつも同じ。
2
あるとき、1の「出口を探すような迷路のような街の夢」に変化が現れました。
明らかにそこから先は周りとは違う景色に繋がっているような、高い山の入口の大きな門がある場所にたどり着きました。
その夢も3回程同じ場所が出てくる夢を見ていましたが、その先(門をくぐる)へ進むことをなかなかしませんでした。
3
そしてあるとき、いよいよその山の中へ入っていく夢になりました。
山に入ってからの夢はあまり記憶がはっきりしていませんが何回も見ていたように記憶していますし、薄暗い山をひたすら歩いていたように思います。
4
そしてある日、薄暗い山道を歩いていて急にパアッと明るい場所に出たと思ったら山の頂上に出ていました。
明るい光が射していました。そしてそこからは軽やかな足取りで山道を降りていきました。
周りには雪が少し残っていましたが、光に照らされてキラキラ輝いていていました。
5
4番の夢を見た日から少し日にちが経っていたかもしれませんが、ある日山道を降りていて山そのものが途切れている場所に出ました。
そこから先は雲がかかっていて、大きな雲の上に飛び乗って階段のように雲を伝って地上の丘のような場所に降りました。

いかがでしょうか。

連続した感覚と風景で、続きの夢の感覚で見たのはこの時期のこの夢のシリーズだけでしたが、夢の中の街から山道、下りの山道から雲、雲から地上へ降りていく風景の地図を作ればよかったと少し後悔しています。

覚えてはいませんが、他にも「あ、同じ風景の夢だ」と起きてから分かる事は何回かありました。

ただし、夢の続きを見たのは1から5の夢を見た時期だけでした。


さて2021年もあとわずかですね。

読んでくださっている方、ツイッターでフォローしてくださっている方、いつも本当にありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

来年は更に大天使ラファエルのメッセージを受け取りやすく、ホームページを徐々に変えていくつもりです。お楽しみに☆

アメブロの方は軽い記事で思うままに書いています。そちらもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

Follow me!

大天使ラファエルオリジナルCGグッズ販売中☆

癒しの大天使ラファエルオリジナルCGグッズをBOOTHで販売中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。